almtop
  1. ホーム
  2. ALMprj.の概要

アルミプロジェクトの概要


  アルミ付紙パックリサイクルプロジェクトは、NPO法人集めて使うリサイクル協会と印刷工業会液体カートン部会[石塚硝子㈱/大日本印刷㈱/東京製紙㈱/凸版印刷㈱/日本製紙㈱/日本テトラパック㈱/ビーエフ&パッケージ㈱]が協同して推進するプロジェクトです。
回収の仕組みが整備されずに、その多くが「ごみ」として処分されていたアルミ付紙パックを、製紙原料としてリサイクルしていくことを目的に、1999年に「アルミ付紙パックリサイクルプロジェクト」はスタートしました。各地で回収の仕組みづくりに取り組むと同時に、国内最大級の環境展「エコプロダクツ」に毎年出展、来場者に向けアルミ付紙パックリサイクルの啓発に努めるなど、様々な活動を展開しています。



アルミ付紙パックは上図のように多層構造になっており、酒パック等のアルコール飲料や豆乳、一部のジュース、清涼飲料などに使用されています。アルミ付紙パックに使用されているパルプは、牛乳パックと同等の、非常に上質の古紙原料ですが構造の複雑さから、受け入れ製紙会社が限られており、回収拠点もほとんどありませんでした。そこでまずアルミ付紙パックとして代表的な酒パックを回収するべく独自の回収拠点づくりがスタート。「エコ酒屋」が誕生しました。 今ではスーパーや生協、一部の自治体などでも回収に取り組むところが誕生し、リサイクルの輪が拡がって来ています。